お客様の声 【建設業許可 新規】【東京都・板橋】 建設業許可専門.com

建設業許可専門.com YAS行政書士事務所

お客様の声 【建設業許可 新規】【東京都・板橋】

株式会社TMS 東京・建設業許可新規


 

概要   東京都板橋区でガラス工事業を営む法人の建設業許可新規申請の手続きです。

許可種類 東京都知事許可
業種   ガラス工事業
会社名  株式会社TMS

 

 

建設業許可を取得するまで流れ


ガラス工事業を個人事業主と法人で合わせて5年以上経営。
代表取締役が1級ガラス施工技能士を保持。
決算書を確認して財産的要件も問題なし。

 

 

打合せ段階で建設業許可取得の要件は問題ありませんでした。

 

経営管理者について
(建設業の経営者として5又は6年の
経験があること)


今回は法人で取締役の期間2年と個人事業主の期間3年を合わせて合計5年で要件を満たしました。
裏付け書類は法人の期間を会社の履歴事項全部証明、工事請求書、通帳で証明しました。
個人事業主時代の裏付け書類は確定申告書、工事請求書、通帳で証明しました。
確定申告書について2年分紛失していたため情報開示請求をして過去の確定申告書写しを取得しました。
(確定申告書を紛失してしまっている場合でも情報開示請求の手続きを申請すれば過去の確定申告書写しを取得することが可能です)

 

専任技術者について
(資格を保持していること又は実務経験があること)


今回は代表取締役が1級ガラス施工技能士を保持していたためスムーズの専任技術者の要件を確認していただけました。

 

 

【ガラス工事業の要件を満たす資格一覧】
①一級建築施工管理管理技士
②二級建築施工管理技士(仕上げ)
③ガラス施工

 

資格を取得してない場合でも実務経験で証明することも可能です。

 

当事務所を知ったきっかけ


知り合いからのご紹介。

 

 

建設業許可を取得しようと考えた理由


500万円以上の大きな仕事を受注するために許可を取得したい。
大きな工事案件を受注した。
若手の建設業許可専門の行政書士事務所にお願いをしたい。

 

 

解説・まとめ


今回は法人の期間と個人事業主時代の期間を合わせての申請でした。
ポイントは個人事業主時代の確定申告書です。
よくある質問で確定申告はしていたけど申告書の控えがない場合は証明の期間として使えないのか⁇という質問を受けます。
管轄の税務署で情報開示請求をすることによって確定申告書の控えが手に入ります。
情報開示請求をした申告書控えで期間の証明は可能になります。

 

 

今回の申請も上記のパターンでした。
なにより建設業許可取得おめでとうございます‼︎
益々のご活躍お祈り申し上げます。


 

電話相談無料↓↓↓

TEL 0120-114-908

建設業許可専門.com
代表 朝倉良樹